自走式駐車場とはどういうもの?

利用していない方には聞き慣れない言葉、「自走式駐車場」。自走式というのがちょっとわかりにくい表現なため、どういうものか詳しく見ていきましょう。まず、自走式駐車場は言いなおすと「車がリフトなどの機械などに頼らず自走してのぼっていくタイプの重層構造の駐車場」ということになります。決して駐車場自体が自走するわけではなく、リフトなどで上階に車を昇降させる「機械式駐車場」と区別して使われます。

重層構造の駐車場を「立体式駐車場」と呼ぶこともありますが、これだと自走式と機械式の区別がつかないため最近ではあまり使われなくなりました。自走式駐車場には、いくつもメリットがあります。機械式に比べ、リフトなどの設置がないため規模の割には初期費用が安く済むことがその一つ。機械のメンテナンス費用もかからないため、将来的にかかってくる管理・修繕費も抑えられます。

また駐車自体も、機械の場合はどうしても操作や移動に手間と時間がとられるものです。自走式ならスイスイとスロープをのぼって普通に駐車するだけですので、時間の節約にもなります。また照明やゲート付近以外は電力に頼る部分が少ないため、停電や災害時などにも強いことも特長です。構造上、最上階の屋上以外は必然的に屋根付きになるのもうれしいポイントです。

マンションなどを探す際にも、駐車場のタイプが自走式か機械式かで今後の管理コストが左右されるケースもあります。違いをしっかり知って賢く利用しましょう。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website