コインパーキングの形態について

コインパーキングは最小2台程度のスペースからできると言われていますが、適切な利益を早期に上げるためには規模が重要になるとも言われています。コインパーキングの形態はさまざまです。もっとも多いのは数台分のスペースが取れるぎりぎりのところで料金計算機と車止めを設置しているケースです。アスファルト舗装はする場合が多いですが、機械の台数も少なく、比較的初期費用が少なく、立地によっては通常の建物を建てて賃料を得るよりいい利益率のことも多いようです。

また、月極駐車場と併設している場合も増えています。月極駐車場も基本的に同じ料金計算機を通りますが、チケットが配布されており、費用は月額支払となるケースです。特に住宅街と繁華街の間にあるような場合に多いようです。また、月極駐車場が徐々にコインパーキングになるケースも増えています。

月極駐車場は契約があれば賃料で利益が十分ですが、空きスペースがあり、また、不動産屋さんに委託した場合などはそれほど利益につながらない場合も多いようです。そのため、回転率が期待できるリッチの場合はコインパーキングに徐々に切り替えていくもあります。また、立体駐車場を建てて大規模に駐車場業をする方も増えています。店舗貸しの場合は空き店舗のリスクがありますが、立体駐車場の場合はリスクが少なく、また、平地でのコインパーキングに比べて税制優遇もあることから初期投資をしっかりして経営を行なう方も増えています

Filed under: 仕組み, 立体駐車場, 自動車関連Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website