立体型のコインパーキングについて

コインパーキングと言えば更地で数台規模の駐車場経営というイメージを持たれる方が多いですが、初期費用をしっかり出し、数階建ての立体駐車場経営を行なう方が増えています。立体駐車場は建物を建てる場合と機械式の駐車場機を使う場合がありますが、多くの場合は建物を建てて行なうことが多いようです。駐車場機はメンテナンス費用が掛かり過ぎるという問題があります。建物を建てる場合は更地でのコインパーキングに比べて税制上の優遇処置が受けられますし、ビルになるので多目的に使えるタイプも多くなっています。

コインパーキングとは思えない規模の初期費用がかかることになりますが、人員を雇い、しっかりした経営方針で対応されている方が多いです。規模はそれほど大きくとれない場合でも敷地が狭くてもビル型にすれば駐車スペースが多く取れます。繁華街に近い場合には機械式の駐車場にすることも考えられますし、さまざまな形式の駐車場経営が可能です。数台規模のコインパーキングから数百台の大型駐車場まで規模の差はあれど、他の投資にくらべて手軽でしかも、確実性の高い駐車場経営は今後も注目されていくと考えられていますし、自身で運営しなくても、土地を賃貸させる形での事業委託を行っている会社も増えています。

土地の有効活用はオーナーにとって死活問題ですが、コインパーキングを含め、駐車場経営は初期費用を抑えたリスクが少ない方法として注目をされています

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website