駐車場経営のメリットとリスク

手軽にできる土地活用のひとつとして、駐車場経営の人気が高くなっています。アパートやマンションに比べると、駐車場は建設するのに大きな費用が必要ありません。そのため、もし失敗しても損失を抑えられるというメリットがあります。不動産経営の中ではローリスクでローリターンの部類に入り、土地活用の初心者にも比較的取っつきやすい手法と言えるでしょう。

ローリターンといっても、利用者が確保できればそれなりの収入を望めます。ただし立地条件には注意が必要です。交通量の少ない場所にコインパーキングを設置しても、多くの利用者は望めません。土地が有り余っている田舎に月極駐車場を作るのも無意味です。

まわりに商業施設があること、路上駐車が多いことなど、利用が見込めそうな土地でなければなりません。また道路条件も大切です。できれば広い道路に面していて、誰でも車を出し入れしやすいことです。駐車場経営の方法も、ひとつではありません。

設備の設置から管理までを全部自分で行なえば、収入は多くなりますが初期費用も管理コストもかかります。また盗難や機器の破損等のリスクも負わなければなりません。そこで、管理を代行業者にすべて任せるシステムもあります。こちらはリスクが少なくなる反面、収入も多くは期待できません。

いずれの方法が正解というわけではなく、初期投資にかけられる金額や、管理コストの評価によって、個々のオーナーが判断することになります。

Filed under: 価格, 立体駐車場, 自動車関連Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website