自立立体駐車場の活用法

自立立体駐車場は、必要最最小限の設備で立体駐車場が経営できるという事で、使われなくなった土地の有効活用法として非常に注目を集めています。機械式の立体駐車場は、自動車の昇降設備や格納設備にかかる初期投資やメンテナンス費用、その他機器を操作したり誘導を行う人の人件費なども考慮しなければなりません。しかしながら駅の近くや大きなショッピングセンターなどの近くといった好条件の立地であれば、狭い土地でも有効に活用でき大きな収益が期待されます。一方自立式の場合は自動車を格納する設備さえあればよいので、より多くの駐車スペースを確保することができ、高い利益を上げる事が出来ます。

初期投資もほとんどかからずに駐車設備を設置することができ、メンテナンスも駐車場内の案内板や蛍光灯などの照明を交換する程度で済みます。しかしながら自立立体駐車場は駐車するスペースまで車の持ち主が運転してその場所まで走行しなければならない自走式の要素が含まれるため、駐車場内で事故が発生しやすい可能性があり、それを防ぐための対策や万一のための保険をかけておく必要があります。自立立体駐車場を経営する上では、初期投資にかかる費用だけでなく運用や維持管理にかかる費用、その他万一に備えての費用なども考慮しておく必要があります。機器の故障などは営業自体ができなくなる可能性があるため、定期的にメンテナンスを行う保守業者と契約を行い運用することが大切です。

立体駐車場のことならこちら

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website