土地を持っていなくてもコインパーキングを経営する

多くの場合はコインパーキングを運営するために土地を用意することが多いのですが、最近増えているのが土地を借上げたり、駐車場のシステムも組み込まれた状態で借り受ける方式です。実質的にコインパーキングのオーナーなのですが、賃料から土地の使用料やサービス料を引かれた金額が利益になる方式です。サラリーマンなど財テクの一種として活用する場合が多いようです。コインパーキングはもともと空きスペースを有効活用する方法として人気が出ているのですが、投資の対象として考えられてきており、稼働率の高いコインパーキングを建てられるスペースを見つけて、土地の長期借受を行ってコインパーキングを経営する方も出て来ています。

駐車場の回転率を上げるためには繁華街や官庁街での土地が重要であり、賃料もかなり高く設定されるのですが、それでも駐車場としての回転率が期待できる場合も多く、投資する方が増えてきています。また、土地所有者から委託を受けて駐車場を経営している会社が多い中、リスクを分散する上でも委託された駐車場経営権を商品として一般の投資家に販売している会社も増えてきています。アパートやマンションでは多い方式ですが、駐車場業でも広まって来ています。特に数台規模で始められる場合も多く、投資額が低く始められるのもメリットの1つです。

また、土地を持っている場合でも自身ですべてのリスクを扱う必要がないことから当初から投資の商品として販売されるケースも多くなっています

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website