最近のコインパーキング

自動車で買い物をするような場合は駐車場に自動車をとめることになります。このような駐車場にもいろいろなものがありますが、ひとつは無料で駐車できるものと有料のものがあります。よくレストランやコンビニなど専用駐車場があるようなところでは無料でとめることができますが、その店を利用するということに限定されます。それに対して有料の駐車場は常に人がついていて、車が入る入庫時間と車が出る出庫時間を計測したもので料金を支払うものと、人がいなくて機械で支払いを行うものがあります。

この機械式のパーキングをよくコインパーキングといいます。これは時間あたり少額の料金で駐車することができます。機械式のコインパーキングにも規模によってその方式が変わりますが、よく大規模な駐車場ではゲートがあり、そこに入るときに発券機で発行されるカードをとり、車を出すときには精算機にそのカードを入れることで経過時間より料金が計算され、そこで支払いをすませるとゲートが開いて出ることができるという仕組みです。小規模の場合はロック式というもので駐車スペースにフラップと呼ばれる機械がついていて、車をとめるとセンサーでフラップが上昇、出るときは精算機でその駐車ナンバーを入れると時間より料金が表示されてその金額を入れるとフラップが下がり車を出すことができます。

特に最近はこの小さいコインパーキングが増えており、空き地などを有効利用することも可能です。それも住宅地であっても利用する人も多くコインパーキングとしての利用が増えているのです。

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website