自立立体駐車場の設備を導入する際の注意

自立立体駐車場を開業する際には、その設備を購入する際にどのような方針で導入するのかをしっかりと検討することが必要です。特に自動車を収納するための昇降機については、その操作方法により様々なトラブルが発生することがあるので十分に注意することが大切です。万が一トラブルが発生した場合には、経営者の責任となることも多く、その損害賠償の金額が非常に多額になってしまうことも多いので、そのための対策を事前によく考慮しておくことが重要です。その反面、自立立体駐車場の大きなポイントとして、駐車場を利用する人が待たずに駐車することができるようにするために自分自身で昇降機の操作をできるようにすることが大きなポイントとなっています。

一般的な立体駐車場の場合には駐車場の管理者が昇降機を操作することが多いのですが、これでは待ち時間が長くなるほか、管理者の人件費も駐車場の経営において大きな負担となるため、駐車場利用する人本人が操作する方が総合的に効率が良いものになります。そのため最近ではこのような方法が非常に増えています。しかしこの場合には不慣れな利用者が操作を誤りトラブルを起こしてしまうことも多くなっているため、安全対策をしっかりと行っている設備を導入することが重要になります。合わせて、万が一の際の損害賠償に関する保険も加入しておくことが重要になります。

しかし保険に加入するためには一定の安全基準を満たしている設備であることが重要で、そのような設備は高額なことが多いのです。自立立体駐車場を経営する際には設備投資が比較的大きいため、できるだけ設備の価格を低く抑えたい人が多いのですが、その際には十分な安全確保と保障に対する対応ができる業者であるかをしっかりと見極めた上で選ぶことが重要です。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website