自立立体駐車場の経営において注意する点

自立立体駐車場は少ない投資でより多くの収容台数を実現できる駐車場経営の方法として最近非常に人気になっています。通常の駐車場の場合には敷地面積に応じた駐車台数しか確保できないため、その収入の上限もおのずと決まってくるものですが、自立立体駐車場の場合にはこれを超える収容台数を確保することができる上、空間を効率よく利用できるために様々なメリットを生むことができます。そのためより高い利益を得ようとする駐車場傾斜の間で非常に話題になっています。しかし自立立体駐車場の場合には駐車スペースを確保するための昇降機の設置や、昇降機の動きにおける駐車車両の割り振りなど様々な注意点が発生するものです。

昇降機の構造によっては駐車した車両が出庫できないといったトラブルが発生することもあるため、これらの問題について事前に解決策を講じておくことが重要になります。また機械のトラブルによる様々な問題に対しても迅速に対応できるような体制を確保しておくことが重要です。そのため、昇降機などを購入する場合には信頼できる業者から購入する事はもとより、トラブルの際の損害賠償等についてもその詳細を十分に確認し問題がないように準備ができるものを選ぶことが大切です。自立立体駐車場の設備には様々なタイプのものがあり、それぞれ価格も施工費用も大きく異なるものです。

またそれぞれに長所と短所があるため、これらを十分に理解した上で自らの駐車場に置いて効率的に運用できるものを選んで利用することが重要です

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website