コインパーキングの利益率

コインパーキングは数台規模から数十台規模までさまざまなケースがありますが、どのケースにおいても規模に応じた他の投資に比べるとローリスクでしっかりした利益が期待できるとして注目されています。コインパーキングの利益率は主に稼働率によります。月極め駐車場の場合は契約数で固定の金額が得られますので計算がしやすいのですが、それ以上の売上は期待できないのがネックです。対してコインパーキングの場合は時間貸しですので稼働率が上がれば上がるほど利益になり、多くの場合、月極駐車場よりも利益率が高いと言われています。

一般的に繁華街に近いコインパーキングの場合は稼働率が60%程度と言われており、機械の保守料などを差し引いても十分利益が出る場合が多いようです。また、立地がよければ稼働率も高くなり、売上はうなぎのぼりとなります。そのため、場所を探している方も多く、駐車場経営は最も興味が持たれている投資の方法とも言えます。コインパーキングは数台から始められますが、どの規模であっても稼働率は高めであると言われており、台数を増やすために土地を追加したり、月極駐車場から順次契約を移動させるオーナーも増えてきています。

ただし、大きなスペースを用意した場合は機械の初期費用や保守費用が比例してい大きくなっていきますので投資額も増えていきます。そのため、リスクも上がりますので比較的大きな規模の土地がある場合には事業委託する方も多いようです立体駐車場のサイズのことならこちら

Filed under: サイズ, 立体駐車場, 自動車関連Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website