手軽に遊休地を土地活用する方法-駐車場

遊休地を有効活用する方法として月極め駐車場またはコインパーキングがあります。駐車場として利用できる土地の条件は、ある程度の道幅の道路に面していることと、住宅地や駅の近くであったり小規模な商店やその他の施設があるような場所で人や自動車の往来がある場所であることです。路上駐車が多く見受けられるようなエリアであれば好条件で、最低1台分のスペースがあれば経営できます。駐車場として土地活用することのメリットは、建物を建てられないような小さな土地でも利用できること、予算に合わせて初期投資を設定できること、初期費用が小さければ万一経営に失敗してもダメージが少ないこと、家や集合住宅などの建物のように借地権が存在しないので土地を売却したり別の用途に変更しようとする際に利用者との間で立ち退きの問題でトラブルが起こりにくいこと、更地への復帰が容易であることです。

駐車場の初期投資についてですが、最も安上がりなのが周囲をフェンスで囲って地面に砂利を敷き詰めてロープなどで駐車スペースのラインを引くだけのもので、初めから土地の周りに塀やフェンスがあればそのまま利用できます。工場や倉庫などの跡地でまだ建物が残されている場合には屋根付きの月極め駐車場にすればその分賃料の上乗せが可能です。もう少し費用をかけられるのならばアスファルトを敷いてラインを引いたり、コインパーキング用の機械を設置することができます。土地が繁華街やビジネス街などにあって大きな需要が見込めるのであれば立体パーキングにして大きな収益を得ることも可能で、小さなテナントビルの空き地程度の面積があれば建設が可能です。

Filed under: 種類, 立体駐車場, 自動車関連Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website