駐車場でも減価償却費は有ります

相続税対策で敷地を駐車場にするようなことは無いです。居住物件でないと評価額が下がらないからです。そして遊休地の活用でも駐車場よりもアパートを建設します。アパートの方が賃貸収入が多く節税効果や土地の固定資産税もアパートの方が下がるからです。

そしてアパートなら建物での節税効果が有るからと、遊休地活用ならアパートの方を建てる人が多いです。しかし駐車場にもメリットが有ります。設備投資の費用が少なくて済みます。アスファルトで舗装してラインを引くだけですから。

それでアスファルトの減価償却費を計上して節税することも出来ます。さすがにアパートよりも長くは節税できませんが、その分設備投資が少ないですから、費用が少なくて済みます。それに立体駐車場ならば立体装置を減価償却できますから、節税効果もそれなりに延ばすことも出来ます。立体なら車を何台も置けますから普通にやるよりも利用料を多く貰えて、設備の投資分も早いうちに回収出来そうです。

ただ立体式はメンテナンスとか保険とかいろいろ経費がかかってきます。それでも立体式は耐用年数が長いから、減価償却が終われば、後は経費を引いた分がそのまま収入になります。しかし立体は街中で無いと車もそんなに無いから、住宅地だと普通に駐車場を経営することになりそうです。ただそれでも需要が有りますから、アパートみたいに入居者が居なくて家賃収入が入らないとかの心配をしなくて済むのがいいです。

Filed under: 使い方, 立体駐車場, 自動車関連Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website