駐車場での事故を防ぐ方法

車道から駐車場に入ると、気の緩みや早く駐車しようという焦りから事故を起こしやすいです。まず駐車場内に侵入するときは、二輪車の巻き込みや歩行者との接触に気を付けます。後続車や自分の車を追い越そうとする二輪車に特に注意します。右折して入る場合は、対向車も確認します。

出入り口では一時停止をして、安全に配慮します。次に駐車場内での走行はスピードを落とします。歩行者の動きが予測しにくく、大きな柱や低駐車している車に隠れて、突然歩行者が出てくる恐れがあります。スピードは時速3~4kmの人が歩く速さに抑えます。

雨などで薄暗い場合は、ヘッドライトで車の存在を知らせると良いです。ただし他の車が必ずしもヘッドラインを灯火しているわけではないので、前方だけでなく左右と後方の確認を徹底します。車体に傷を付ける物損事故は、駐車スペースに入れる際に発生することが多いです。またアクセルとブレーキを踏み間違えて、大きな事故を起こす場合があります。

駐車するときは複雑な操作をするので、焦らずに一つずつポイントを押さえながら操作します。バックで駐車する場合は、窓を開けてシートベルトを外すと自由に体を動かすことができます。ドアを開けると、横の車にぶつけたり運転席から物が落ちたりするので危険です。体を後ろに傾けると、普段の位置より足がズレることを念頭に置いて、ペダルを踏みます。

発進するときは、左右の車に車体を当てないように、十分前に進んでから曲がります。

Filed under: 機械式立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website